【オススメ】ロジクールのWebカメラC270購入してみました。【コスパ抜群】

商品レビュー
スポンサーリンク

こんにちは、今回オンライン学習用にWebカメラを購入しました。

購入した商品はLogicoolのC270です。

色々と画質とか、悩んでこれを買ってみたのですが、
かなり良かったので紹介していきます。

 

どんな感じで撮れるのか、内容、スペック全て書いてあります。

 

Point

こちらのアイテムはハイスペックモデルではありません。
安価でコスパ抜群。 Webカメラを使ってみよう。 
あまり使わないけど欲しいな。
っていう方向けですのでヨロシクお願いします。

コスパは抜群の商品です。お値段千円台なのに綺麗すぎ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

C270はこんな商品です。

 

本体はこんな感じです。

白井
白井

本体にマイクが内蔵されてて、そのまま
USBパソコンに繋ぐと、
すぐ使えるのでとっても簡単。

 

 

 

本体はこのようにかぎ爪みたいになってます。

 

 

 

クリップでモニターに挟むの?? ←いいえ違います。軽く閉じます

クリップのように挟むのではなくて、軽く閉じる程度なのでモニターは無事です。

滑り止めがついてるので、ハンドクリームのフタの上でも乗せる事ができます。
モニターの幅が狭くても可動式なので大丈夫ですよ。

私のモニターは幅が狭いので↓のように、の字になってます。
普通のモニターならп←こうなるはず笑

 

 

 

 

カメラを設置することで画面を傷つけてしまわないか心配

んーーー・・・・。    では、

 

置いちゃいましょうwwwwwww

 

置いてみたら凄い使いやすかったんですよ。

駆動するところがゆるゆるではないので、下に置くことも出来ますし、
ティッシュなどで高さ調整しても綺麗に行けると思います。

バランス感覚は良しです。

[amazonjs asin=”B003YUB660″ locale=”JP” title=”LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270″]

中身は何が入っているの?? 付属品は??

白井
白井

な、何も入っていないレベル・・。

時代なのかペーパーレスです。

 

✔よく分からない英語の紙

✔注意書き

✔保証書

 

のみです。

取扱説明書はありませんでした。今はネットから
PDFでダウンロードする感じになってます。

↓こちらからどうぞ。注:取説ではなく入門ガイドを選択。
取扱説明書は上の右下にある紙です。
取扱説明書

白井
白井
 

あんな紙じゃ、まったく取り扱えないよ

 

 

映るけど、設定はどこからやったらいいの? 色合いとか

ここからソフトウェアをダウンロードしてください。

ソフトウェアという名の設定アプリ

赤枠が設定できるポイントとカメラが使えてるかどうかで、
青い枠がダウンロードしたアイコンです。

 

 

 

c270のスペックを紹介します【読み飛ばしOKです】

重要な所だけ説明します。

最大解像度: 720p/30fps

解像度はドットの数なので、引き伸ばしたときにどれだけ粗いか
なのですが、モニターはそこまで大きくないことが多いので、
気にならないと思います。

 

横の30fpsは十分高い数値です。コマ送り動画の枚数みたいなものと
思ってください。パラパラ漫画も枚数が多いほど滑らかですよね?
30fpsというのは大分いいです。 ドライブレコーダー並みに滑らかです。

 

フォーカスタイプ: 固定フォーカス
顔動かしても自動でピンとを顔に合わせてくれないので
けっこう早く動かすとラグがおきます。

踊ったりしたり、相手としっかり話したい方や、動きがある動画を
載せたいのならc270はオススメはしません
オートフォーカスがある2つ上のグレードをオススメします。
こちらです。解像度も2倍くらいあります。2018年式を選んでください。

視野: 60度

PCの前だと十分すぎるくらいです。

他はこんな感じです。

静止画は最新のガラケーくらいの画質で、マイクのシングルというのは、
声を拾う所が一ヵ所という意味です。携帯も一ヵ所ですよね。

 

使った感じどんな感じなのか?写真と動画はこちら

服と時計と目薬と腕時計を載せてスクショしてみました。
どうですか?かなり綺麗じゃあないでしょうか??

千円ちょっとのカメラですよ??

白井
白井
 

掛け時計の
温度と湿度まで見えてます。

動画がこちら、照明の真下でとってるのでやや暗いですが、
光の当たり方でもっと明るくなると思います。

 

 

注意:画面左側にちょくちょく))))))みたいな波がはいってますけど、
モニターを撮影するとああなります。実際は入りませんのでご安心を。

このレベルの画質なら、相手にとっても不快ではないでしょうし、
オンラインスクールなど知らない先生と話す時でも使っていただけると思います。

 

下が途中でも紹介した、もう少し画質などにこだわりたい人向けの商品です。

お値段1300円前後くらいですが、家電量販店で買うと
ヤマダ電機で1850円税込みくらいでした。

お急ぎの方は家電量販店がベストです。

買わないといけないものは声や音を聞くための機器。いらないのは電池

✔スピーカーかヘッドホン

もしくは

✔ヘッドセット(一体型。コールセンターの人が使ってるやつです)

ノートパソコンみたいに一体型や、本体やモニターに機械がついていれば必要はありません。

 

今回紹介した商品は全てマイクだけのタイプなので、相手の声を
何で聞くかを検討してくださいね。

ちなみに普通に使っていても相手には声は届きました。
聞き取りにくいということもなかったそうです。

ヘッドセットの場合はマイクをどっち優先にするか
設定だけしましょう。

そして電池はいりません。USBで直接充電します。
ケーブルが1.5mなので距離があると延長ケーブルが必要です。
それかコンセントから直接充電できる変換機ですね。

 

イヤホン付きのタイプもあります(がオススメはしません)

見るからに安そうなイヤホンなので、これを買うくらいなら
家電量販店で、セール品のイヤホンマイクセットを買ったほうが絶対に良いと思います。

そしてもう一つ理由がありまして、会話するという事は
それなりの時間付けてないといけないと思いますが、
安物は耳が痛くなるので・・オススメはしません。

 

 

白井
白井

おしまい。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

購入検討されてこの記事に来られた方は是非参考にしてみてください^^

それでは

 

商品レビュー
白井 志歩をフォローする
スポンサーリンク
もぐもぐブログ

コメント