【コース料理は注文してはいけない】元料理人が語る絶対にオススメしない理由※はなっからコースのみの高級店にしか行かない人は一生コース食ってなさい

暮らしの雑学
スポンサーリンク

 

こんにちは、白井です。
そろそろ忘年会シーズンですね。

そこで、今回は飲食店の罠を紹介していこうと思います。
「コースがオススメ!」「団体でのコース注文でお得!」
みたいなものは、飲食サイドのペテンということを知っていただけたらなと思います。

※補足:コース=決められた料理が順にでてくる アラカルト=単品注文

なぜ、ここまで断言できるかというと、私の転職歴は40回を超えてまして、
星の数ほどの飲食店で働いてきたため知っているからです。
結論として、アラカルトとコースがあるお店で、コースの方がお得なんてお店・・

1つもありませんでした。

今回記事にしようと思った理由は、働いている時

え、こんな内容で〇〇円も取るの? 絶対アラカルトのほうが得じゃん。

って思う事がたくさんあって、常に「あーー教えたい!裏側を伝えたい」って思っていたからです。
それでは紹介してきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コース料理を注文するのちょっと待ってください(涙)
これだからコース料理はオススメできない最大の理由4選

【基本的に作り置きが多い】

コース料理は内容が決まってるので、基本的に作り置きされてることになります。

全てではないのですが、前もって盛り付けてあったり(劣化)、
出来たのに提供するタイミングが合わず、厨房で待機しているなんてザラです。

最初から盛り付けられてるので、皿も食材も冷蔵庫のような冷たさだったり、
冷菜なのに、やけに常温っぽかったりと感じたことあるのではないでしょうか。

予約がなくても一定数注文があるので、飛び込みでコースを注文しても、
作り置きだったりする可能性が高いのです。

【品数トリック 多そうに見えて実はまったく多くない】

コースの品数ですが、ここにも落とし穴があります。
「えー10品あるのー? ウレシーww」←こういう人は注意が必要です。

よく考えてください。品数が増えたって、そんな食えるわけないんですから。
品数が多ければ、前菜がちょこっと、スープもちょこっとで、

さらにはパンやコーヒー。ミニ菓子も品数に入っている、品数稼ぎが存在するのです。


※この画像はのお店はコースのみなので、こういう書き方が普通です。

堂々と品数の多さをアピールしてくるお店もありますが、
パンやコーヒーなどの、付いてきて当たり前の物を抜いて、
一口前菜を一皿にまとめたら、実際は6品くらいと。

アラカルトで普通に頼むのとまったく変わりません!!

しかも、多ければ多いほど、メイン料理のサイズも小さくなりますし、
一口で終わるような料理がたくさん出てくるので、サクサク進みません。

じらされるだけじらされて、また小さいものか・・となり、
そして途中あたりで苦しくなるという•ू(༎ຶ۝༎ຶ`•ू) 

【必ず原価の安い食材が紛れ込んでいる イモとか粉物など】

コースのいたるところに原価の安いものが隠れています。
数品目に出てくるようなフライドポテトとか、シーザーサラダだったり、

ちょっといいお店でも、原価の安い、芋や魚のフリット(揚げ物)や、
粉物を揚げただけのヤツなどが出てきたりします。

こういうやつです↓

参考:https://mi-journey.jp/foodie/41716/

参考:https://ameblo.jp/tetto76ameba/entry-12387531600.html
(ゼッポリーニ:ピザ生地にパセリなど混ぜ込んで揚げたイタリア定番の料理)

コース料理には、安いものでお腹を膨らませてやろうという
品数稼ぎのテクニックに加えて、利益目的の料理まで紛れ込んでるんです。

【店側にとって利益率がいいように作られている】

アラカルトだとどうしても、もう少し高くしたいけど注文率が下がるから赤字ギリギリで出してる物や、逆にポテトのように利益率がいいものも存在します。

そこで、ある程度作り置けて、単価も高く設定でき、注文しやすく、利益を出しやすい
コース料理の出番なんですね。

 

メニューを見るとわかるのですが、コースの案内は最初のページに必ずあります。
ファーストインプレッション(第一印象)にコースメニューを持ってくることで、
コースに惹きつけているんです。

それか、別紙で一緒に持ってきたり、店員さんがオススメしたりもします。

それだけお店側はコースを注文してほしいので、コースを注文すると、
あからさまにお店側有利に事を進められます。

資本主義経済とはいえ、恐ろしい話です。

【わけの分からない飲み放題付きのコース】


もう意味不明です。ジョーク?本気?ってツッコミたくなります。

コースなんてどれだけボリュームがあるかも分からないのに、
そこに飲み放題とか、料理なのかアルコールなのか、どっちを売りにしたいのでしょうか。

和と今風が合わさって和モダン!みたいな感覚で組み合わせてるのでしょうか?
明らかなミスマッチとしか言えません。

それなりに単価が高くなるコースに、単価が高くなる飲み放題。
そして、強制的に飲み放題にされる同行者。

コース飲み放題は、どう考えても売り上げ頭の経営サイドトラップです。

なぜアラカルトのほうがいいのか?アラカルトのほうが絶対にいい理由

【自分の好きな物のみで構成されている】

コースってお店側の自己満足で組まれてますよね?(いい意味で)

それが裏目にでて、あまり好みの味ではない。ピンとこない。
そんな料理が出てくるときがあります。

僕は過去に若い女性をお店に連れて行き、コースを注文してしまいました。

コースの一部にグルヌイユ(カエル)が組み込まれてたことがあり、殺意が芽生えました。
そして、帰り道に告白しましたがフラれました。絶対あれが原因です。

その点アラカルトなら、自分の好きなメニューだけで注文でき、
さらに、お腹のペースを調整しながら食べ進めていくことも可能なのです。

【同席者との距離が近くなる】

一緒にどれを注文するか悩んだり、会話を楽しむことで、
相手の好みを知れたり、悩んだりする時間を共有することができます。

相手の知らない一面を見れたり、料理をシェアしたり、
圧倒的に距離が近まるのがアラカルトのメリットです。

世の中の男性は、狙っている女性がいるからって、気取ってコース注文してる場合じゃないんです。
※コースを注文してくれたら、男はだいたい本気です。

ほとんどの物がその場で調理される

頼んでから作り始めてくれるので、冷たいものは冷たく。
熱いものは熱い状態ででてきます。

最初から盛り付けてあったりすることもないので、食材同士の味が一体化することもなく、
作ったばかりの、い~い香りの状態で出てきます。

料理人は作ったらその料理に興味がなくなっていくんですね。
作ってる最中が一番燃え上がります。
つまり、必然的にアラカルトのほうが愛を持って作ってくれるのです。

コース料理がイケてる感じなのは「言葉の響き」だけな話

✔ 次の日、昨日コースで何食べたかをいまいち覚えてない

✔ 何が出てくるか分からない、あくまで一発勝負の出たとこ勝負

✔ だいたいメイン料理くらいからお腹がキツくなる。コントロールが大変

このように中途半端なお店で、取り合えずでコースを注文すると、
満足する結果に転ぶことはありません・・涙

結論:やっぱアラカルトだよね。

今回はアラカルトをオススメする理由と、コース料理の罠を紹介させていただきました。

しかし、コース料理がいけないというわけではありません

コース料理を頼まれたいのでしたら、コースしかないお店を利用してください。

コースしかないお店は、アラカルトで注文されることのなかった食材のロスなどがないので、
料理の質がとても高いのです。

コースは単価が高いので、アラカルトがなくコース一本でやっているお店なら、
しっかりしたものが確実に出てきます。失敗することはほとんど無いかと思います。

普段はアラカルトで食事を楽しみ、特別な日にはいいお店に行ったほうが、満足度は格段に上がります。

年末の忘年会、新年会のシーズンなので、変なコースを注文してガッカリしちゃった。
なんてことにはならないようにしてくださいね!!

こちらも合わせてどうぞ∩´。•o•。`∩)

 

それではここで終わろうと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。

白井
白井

Fin

 

コメント