圧力鍋便利すぎる【使い方や、使った感じを画像と動画で紹介します】

商品レビュー
スポンサーリンク

 

少し前に、圧力鍋を買ってみたのですが、
とても良かったので紹介します৲( ᵒ ૩ᵕ )৴♡*৹

私が購入したお鍋がこちら
パール金属の圧力鍋 3.5L IH対応 3層底 切り替え式 レシピ付 クイックエコ H-5040

購入の決め手はコチラ

¥10,260円→¥3,838円になっていた
パール金属(チッキン・リビング用品開発)という安心できるメーカー
amazonのレビューの高さ
※パール金属:インテリアや料理器具に特化した信頼度がかなり高い会社です
 
それでは紹介していきます
スポンサーリンク
スポンサーリンク

圧力鍋の魅力

圧力鍋の魅力はこんなにもあります(´∇`)

  • 電気代の節約になる
  • 数倍の速さで食材が柔らかくなる
  • リーズナブルなお値段
  • 炒め物も可能【底が深いので油が周りにはねない】
  • 足の高い網を買ってこれば蒸し料理もできる【100均でも売っている】

 

①短時間で柔らかくなる
スーパーに売っている塊のお肉も30分程度
とっても柔らかくなり、
野菜なんかも圧力の強さを変えれば
すぐにトロトロになります。

カレーやシチューなんかだと、野菜とお肉だけでゆでた後にルーを入れます。
すると、数時間煮込んだような肉も野菜もトロトロなカレーがあっという間に作れちゃういます。

➁電気代の節約になる

ボイルから煮込み料理が短時間で出来るので、とっても電気代の節約になります。
以前私が角煮にドはまりしていた時は、電気代が2倍近くまで膨れ上がったことがあります・・。

③そこまで高くない

使用用途は幅広いのに、お値段自体はそこまで高くありません。

¥3,000円~高くて1万円ちょっとです(゚▽゚*)
高額なやつほど、パッキンがしっかりしていたり
圧力の段階が細かかったりするのですが、安いものでも全く問題ありません!

④炒め物もできる

水分の多い食材や、濃度のある食材を炒めたりすると
コンロ周りがすごく汚れますよね

しかし、底が普通の鍋より高いので炒め物をする時に周りが全く汚れません!!

 

⑤蒸し物もできる

こういう網さえあれば、肉まんや野菜などの蒸し物まで可能です。(百均)

圧力鍋の使い方と効果を紹介(^0^)/ とても簡単

今回購入したのはスーパーで買った豚肩ロース肉!500円くらい!

お湯が減るので、お肉より少し高い水位までお湯をいれます。お水でも可。
どうせ茹でるだけなので時短のために水道のお湯にしました。

この時に下味を乗せたいので
[・下味用の塩を少々 ・臭み消しとコクのため酒を少々]を入れました。


沸いたら蓋をします。
この時点で鍋の中にどんどん圧がかかっていきます。
※蓋の蒸気口から湯気が出るまでは強火でOK


蒸気口から沸騰したやかんのように湯気がピーって出始めたら
中が圧力で満たされたという事なので、弱火にします。

あとは待つだけ。今回は25分でタイマーをかけてみました
(∵=͟͟͞͞( ∵=͟͟͞͞( ∵)=͟͟͞͞( ∵)じっくり待つ

※この時ずっと弱火でも、最後まで中はグツグツと沸騰し続けます。


完成したので取り出して切った断面
とっても綺麗で柔らかい(*゚▽゚)

 

茹でた汁は、美味しいダシになってるので
飲んでみて美味しかったら鍋やスープがオススメです。



今回はトン汁にしました
※味が薄かったら、整えてください( ・ᴗ・ )

そのままでも美味しいですが、今回はソテーにしました( ・ᴗ・ )
安いお肉だと普通に焼くとボソボソになって硬くなってしまいがちですけど、
柔らかくゆでてあるのでとっても柔らかいです。

 

 

 

・・・・・・これ、燻製にしたら美味しいのでは??

 

んー・・柔らかいけど、パサついて微妙(ó﹏ò。) 30点
※燻製はオススメしません。

圧力鍋のデメリット【ここだけはガチで注意】

使い方を誤ると、とっても危険です。絶対にやってはいけないこと

■圧力がかかっている時にフタを開ける
■圧力がかかっている時に圧力の強さを調整する
■濃度のあるものを煮込む
■食材を限界線を超えて大量にいれる
 
これをやってしまうと溢れたり、爆発します
こうなるので絶対にやめましょう。

脂や醤油などが混ざってると、掃除がめちゃんこ大変です・・涙(´つω;`) 

注意すること自体はそれ程難しい事ではありません

最初のうちは気になって色々とやってしまうかもしれませんが、
説明書を守ってやれば事故の可能性は、ほとんどありません
 
上に書いてあることさえしなければ溢れたり、暴発することはありませんので( ・ᴗ・ )
だいたい3回ほど使ってみたら大体わかるようになります!
 
他に、注意することと言ったら【火を止めても数十分は開けない】ということです。
中の圧が落ち着いてないので、火を止めて数分後だとブシューってなります。汗
※急いで開けたい場合は抜けれた雑巾などをかけて、温度を下げて圧を落ち着かせます。
 
圧力鍋で濃度のあるカレーやスープをやりたい時は、
水+食材で柔らかくした後で、ふたを開けてルーや調味料を入れれば
簡単に作れます
 
最後にルーとかを溶かすだけなので、コゲたりするリスクもほとんど無し٩(*´∀`*)۶

圧力鍋のオススメ方法【大量に煮込んでおいて冷凍するのが超便利】

塊肉をスーパーで買ってきて、一度に大量に煮込んでしまうのがとっても便利です。
切り分けて冷凍しておけば

  • 解凍してレトルトカレーと一緒に
  • お鍋をする時に一緒に煮込む
  • パスタソースの中に入れる
  • 解凍して醤油砂糖と絡めれば、簡単に角煮風に

お肉を買ってきて、じっくり火を通したりする必要がなくなるので
料理が物凄くはかどります。

まとめ【圧力鍋便利すぎ】

電気やガス代が節約できて、料理のバリエーションがかなり増えるので、
とってもオススメです!!

そして圧倒的時短 ι(`・-・´)/

使う時は火傷だけには注意してください!!

 

オススメ

サイズ感はコンロの火口の網より一回り小さいくらいです
深いのでかなり食材入ります

amazon限定の蒸し網、ガラス蓋などが付属してるタイプで
上とサイズは一緒くらいです
家族向けはこちらをオススメします。
4,5Lなのでかなり量が入ります
5,5L

 

おしまい

合わせて読みたい

コメント

  1. milk より:

    ブログを始めたての者ですが、まとめ方などすごい参考になりました!これからも見させていただきます。

    • 白井 志歩 白井 志歩 より:

      ありがとうございます!
      とても嬉しいです( ´・ω・`)

      勉強のため少し休んでおりますが、これからもよろしくお願いします